リコーの保守サービスとおすすめ機種!

RICOH(リコー)複合機の保守サービス

複合機の導入するとき「保守」は重要。
その保守で最もポピュラーなのは「カウンター保守」ですが、複合機を提供する各メーカーでも保守サービスが提供されています。

今回ご紹介するのは、RICOH(リコー)の保守サービス。

RICOH(株式会社リコー)は、事務機器、光学機器などの製造を行っている国内屈指のメーカー。
複合機でも2016年の国内シェアNO.1を獲得し、安心して利用できる工夫が細部にまで施されています。

ここからは、RICOH(リコー)の保守サービスと合わせておすすめの複合機をご紹介いたします。

1.RICOH(リコー)複合機の保守サービス

RICOH(リコー)複合機の保守サービス

リコーでは、複合機をより快適に利用できるようにするため、

  • パフォーマンス契約
  • スポット保守契約

と、2種類の保守サービスを用意しています。もちろん、リコーの複合機が対象です。

パフォーマンス契約とは?

パフォーマンス契約とは、「パフォーマンスチャージ」を支払うことで、リコーのカスタマーエンジニアが、複合機を常に安定した状態で利用できるように定期保守サービス(点検・調整)の実施。また、万一の故障したときには、依頼すれば無償で修理してくれる保守サービスです。

その他にも、パフォーマンス契約期間中、感光体ユニットの貸し出し、通常利用に必要な量のトナーを提供してくれます。

そのパフォーマンス契約の約有効期間は5年間。
5年経過後は1年単位で自動更新され、6年目はパフォーマンスチャージを8%アップし、7年目以降は12%アップします。

パフォーマンスチャージ料金については、機種のシリーズで異なります。
ここでは、一例ですが「RICOH MP C3504 シリーズ」のパフォーマンスチャージ料金(消費税別)をご紹介いたします。

カラーモード カウント 1カウント単価
基本料金 3,000円
モノクロ
カウンター
~500カウント 8.5円
501~1,000カウント 8.0円
1001カウント~ 6.8円
フルカラー
カウンター
~1,000カウント 40円
1,001~3,000カウント 34円
3,001カウント~ 29円
フルカラープリント
カウンター
~1,000カウント 34円
1,001~3,000カウント 29円
3,001カウント~ 25円

スポット保守契約とは?

スポット保守契約は、複合機の故障もしくは不具合が発生したとき、その都度依頼して点検・修理・調整、感光体ユニット・部品の供給・交換を有償で行ってくれる保守契約です。

契約時に感光体ユニット、トナーを購入する必要があり、感光体ユニットの交換やトナー交換も、その都度支払が発生します。

感光体ユニットは基本的に4本使用し、35,000円/1本(140,000円/4本)と、かなり高額なので注意が必要です。

以上、リコーの2種類の保守サービスをご紹介しましたが、契約するならパフォーマンス契約が断然おすすめです。

2.RICOH(リコー)複合機おすすめ機種紹介

次に、リコーの複合機でおすすめの1台をご紹介。また、パフォーマンスチャージ料金も合わせてご覧ください。

MP C3004

2016年5月発売のハイスペック機種。
連続複写速度(A4横):モノクロ・カラーともに30枚/分

RICOH(リコー)複合機「MP C3004」(RICOHより)

直感的に使える10.1インチのWSVGA大型フルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を採用。スマホやタブレット端末のように、フリックやピンチイン/ピンチアウト、ドラッグなど指先ひとつで直感的に操作ができます。

また、リコー独自のカラーQSU技術「DH定着方式」と、低融点トナー「カラーPxP-EQトナー」を搭載することで、ウォームアップタイムは24秒、スリープモードからの復帰時間は7.1秒を実現。スムーズに業務に取りかかれます。

◆パフォーマンスチャージ料金

カラーモード カウント 1カウント単価
基本料金 2,600円
モノクロ
カウンター
~500カウント 8.5円
501~1,000カウント 8.0円
1001カウント~ 6.8円
フルカラー
カウンター
~1,000カウント 40円
1,001~3,000カウント 34円
3,001カウント~ 29円
フルカラープリント
カウンター
~1,000カウント 34円
1,001~3,000カウント 29円
3,001カウント~ 25円

3.まとめ

複合機は「精密機械」であり、紙詰まりや少しの衝撃での故障は多々発生するため、保守サービスは必要不可欠。

一般的には、各販売業者とカウンター保守などの契約を結びますが、リコーをはじめ複合機メーカーでも保守サービスが用意されています。

リコーでは、保守の名前としては斬新な「パフォーマンス契約」という保守サービスがあり、通常のカウンター保守のように利用枚数によってパフォーマンスチャージ料金の支払いが発生します。

ただし、この料金を支払うことで複合機に関するすべての保守などのサービスが利用できるので、これからリコーの複合機をご検討の法人の方は、パフォーマンス契約も合わせて検討してはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です